Kitchen City

MENU

Topics

新着情報

コンセプトの重要性?


おはようございます。きたがわです!

久しぶりの投稿で何を言い出すのかと思えば、、
「コンセプトの重要性」って?!
いきなり何なのって感じですよね、、自分も同感です笑

でも自分なりにここ数か月間の中で学ばせていただいたことがあったので、
学びの成果をお見せしたいということで書かせていただきます!

みなさんは「コンセプト」って言われるとどのようなことを思い浮かべるでしょうか。
おそらくこの記事を見て頂いている方のほとんどが飲食店に関わりを持たれていると思いますので、わざわざ聞かなくてもいい事かもしれませんが、、

「お店の特徴!」とか「業態のこと!」「お店のビジネスモデル!」だとか、、
人によってそれぞれの解釈があると思います。
そしてその全てが間違いではないと思っています。

ぼく自身も最近になってようやく
明確に「コンセプト」とは何ぞや?の答えが持てるようになりました。

きたがわの答え
「コンセプト」=「お店」
、、、おいおい、なんじゃそれ。わけわかんないよ(笑)

自分なりの解釈をしっかり説明していきます!!

飲食業界に携わる人の中には、このコンセプトがめちゃくちゃ大事だって言う人も多いですよね。それはわかっていましたし、以前のぼくは飲食業界の先輩方の言う「コンセプトは大事だよ」という話を鵜呑みにして、その中身や意味を考えたことはありませんでした。

調べたところによると、、
この業界の生存率が著しく低い理由は様々ありますが、
その大きな要因の一つに「コンセプト」が絡んでいると言われています。

ここからはぼく個人が勉強した内容になるので鵜吞みにしないでくださいね!笑

「コンセプト」は7つの大きな要素で構成されているそうで、、
その大きな要素の中には、飲食店でよく言われる「立地」「ターゲット」「看板メニュー」なども含まれます、、、はい、「当然」の話ですよね。

でも、ぼくはこの「当然」の話がとても大きなポイントだと思いました。
あまりに基礎的でみんなが知っていることだからこそ、おざなりにしてきてしまっていないかと。

例えば「立地」
新規開業の際、とことんまで調べつくして条件に合う物件が見つかるまで、粘って、粘って、やっと納得できる物件を見つけて決められていると思います。
「ここなら大丈夫だ!」「うちの業態に合っている!」「ターゲット層の人口が多い!」と、出店されていると思います。
でも、なんだかその「自信」が落とし穴になってしまいそうだなと思ったわけなんです。

コロナ騒動以前にあるオーナーとお話していた際、
「ちょっと売上落ちてきたんだよねー」というお話を伺いました。
思い当たる理由を聞いたところ、、「特に思い当たる理由は無いかな」との事でした。
そのお店の周辺にはあまり行くことが無かったのでわからなかったのですが、
ここ数年でそのお店の最寄駅周辺には飲食店がかなり増えている印象でした。
「この辺も変わりましたね。すぐそこの道一本入ったとこにもオーナーのお店と同じような和食のお店ができてるじゃないですか」と言うと「へー、そうなんだ」と一言。
その時は「あー知らなかったんですね!ぼく今度偵察行ってきますね」なんて何気ない話で終わったのですが、、今考えるとコレだなと思います。

「立地」も「ターゲット」も日々変わり続けている。
要は「コンセプト」って生き物だなって思ったわけなんです。

現在お店を運営されていたり、新規開業をお考えで勉強されている方には当然の話だと思われてしまうかもしれないので申し訳ないのですが、、

たぶん「売上が落ちてきた」の問題って
開業した際のコンセプトと現在の商圏状況の乖離が原因の一つでもあるんじゃないかと思ったんです。
日々の運営で忙しい中でも、常日頃から商圏状況の把握や経済動向によって変わるお客様のお財布事情を把握しておくこと。
これらに合わせてお店も日々変化させ続けないといけないなと思ったわけなんです。

コロナウィルスの経験で一瞬にして当たり前が当たり前ではなくなることを知りました。
同時に素早く自らが姿を変えていかなければ生き残っていけないことを知りました。

ぼくなりの解釈
「コンセプト」=「お店」
日々変化していく状況に合わせて毎日少しずつでも「コンセプト」を変えていくこと。
そして、それと同時に「お店」も変わっていかないといけないこと。
これを続けていけるお店が生き残っていけるお店なのでは?と
こんなこと簡単にできることではないと思いますが、頭のほんの片隅にでも、この考えを持っていたら、店舗の運営方法であったり、具体的な販促方法が少し変わってくるのではないかと思いました。本当に差し出がましいお話になってしまい、申し訳ありません。。

もしお一人でも「参考になったよ~」って言っていただける方がいらっしゃいますとこの上なく幸せに思います!
また、ぼくなんかでよければ、少しではありますが日ごろから飲食店経営について勉強させていただいておりますので、ちょっと話してみたいなーなんてラフな感じでも全然オッケーですのでお問い合わせください!(逆に色々質問しまくっちゃうかもしれないので覚悟のうえお願いします笑)


それでは!長くなりましたが、、
最後まで見て頂きありがとうございました!!


Contact

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ