調理に欠かせない鍋。一口で鍋といっても形も用途も素材も様々。

今回は、お客様からご質問が多い、アルミとステンレスの違いについてのお話です。

 

両方の利点を兼ね備えた多層鋼も含めてご紹介します。

 

アルミニウム鍋

軽くて取り扱いが楽。熱伝導に優れていて、和・洋・中とジャンルを問わず幅広く使えます。

欠点は「軟らかく、キズがつきやすい」「電磁調理器に使用できない」。

しかし、近頃は底面に加工するなどして電磁調理器に対応するものも登場しています。

 

ステンレス鍋

「重くて扱いづらい」というイメージのステンレス鍋。

しかし、腐食や衝撃に強く、長く使えます。保温性も高いため、カレーやシチューなどの煮込み料理に適しています。

 

多層鋼鍋

底面に熱伝導率の高いアルミを保温性の高いステンレスではさんだ三層底にすることにより、

アルミとステンレス両方の良さを兼ね備えた鍋や、内面にアルミ+フッ素樹脂加工、外面はステンレスという

ハイブリッド鋼を使用し、お手入れも簡単な鍋など多様な鍋があります。

 

キッチンシティーカワサキのショールームはサンプルルームとして各種鍋やフライパンを取り揃えています。 

ぜひ、手にとってご覧いただき、一番合ったものをご購入ください。

 

IMG_2393