Kitchen City

MENU

Blog

スタッフブログ

冷蔵庫や厨房機器の高さを調整するには?

業務用厨房機器の作業台やテーブル型冷蔵庫の高さは800mmで設計されています。
しかし、最近の日本人の平均身長も高くなったせいか、その高さを850mmにしたい!という声がよく聞こえます。
今回は、簡単に調整できる厨房設備の高さ調整方法をご紹介します。

厨房機器の高さ調整をする意味は?

最近では、4枚扉の冷蔵庫の場合でも、冷蔵庫の下をしっかり掃除がしたい!
という声も聞こえ、現場ではアジャスターを一杯に延ばしてみては調整を試みます。

しかし、調整範囲は限られていて、特に前足の長さが足りなくなる場合が多く、ご希望の高さまでなかなか調整しきれない場合も多いのです。


勾配の強さにもよりますが、標準のアジャスターで調整できる機器の高さはせいぜい820mm程です。
ご希望の850mmにもっていく為には追加部品が必要となります。
アジャスター自体を長いものに交換することもできますが、標準の足が「もったいないし長いのは結構高い!」という方も多いです。
中にはレンガを持ち込まれるお客様もいらっしゃいますが、レンガ自体が真平ではない床にグラグラします。そうなると、結局厨房機器も不安定になってしまいますね。。

標準のアジャスター

今回は、下の写真のアジャスターが付いている機器のお話です。
見たことありますよね。


この上のボルトと機械の本体が固定されますね。


このアジャスターを最大限伸ばしたものが下の写真です。


ちなみに伸ばしすぎで危険な状態が下の写真です。


そして、もっと伸ばすと抜けてしまいます。(下の写真)


アジャスターの調整部分の高さは58mmです。

次は、一杯まで短くした写真です。


一杯まで短くしても、全部が収納される訳ではなく、15mmは出っ張ります。
つまり、標準のアジャスターの調整範囲は43mmです。
この範囲で、四本の足(場合によっては六本)を水平を出しながらお好みの高さに調整するわけです。

便利部品について

お待たせしました。
こちらが超便利部品です。


これを、標準の足にねじ込んで使います。(下の写真)



お解りですね?機械と標準の足の間を延長する部品なのです。

施工例


この部品は、5cmの高さがありますので、テーブル型冷蔵庫を850mmに調整するにはもってこいですね。

ちなみに、金属の標準足にも、ボルトの径とピッチが合っていれば使用可能です。(下の写真)


この写真は、食器洗浄機を延長したものです。
ちょっと不恰好に見えますが、しっかり固定できているので、危険はありません。

注意

下の写真の様な足には使えませんのでご注意ください。




まとめ

高さを調整するだけで作業効率が劇的に変わる場合もあります。
毎日使っているからこそ使いやすいは大切です。

機器の高さ調整に興味がありましたらお気軽にご相談ください。


人気事例

カテゴリ

月別記事

Contact

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ