業務用 厨房機器、食器、調理道具を頼むならキッチンシティー

これからお店を始める人に…

  • HOME »
  • これからお店を始める人に…

初めてお店を開きたい!工事・厨房・食器…何から始めれば…?

お店を開きたい!とりあえず何からすればいいの? ―飲食店を開業したいと思ったら―

まず、お店のイメージをはっきりさせましょう。
  • どんな雰囲気のお店にしたいのですか?
  • どんなメニューを提供しますか?(業態)
  • どんなお客様に来て欲しいですか?(客層、ターゲット)
こんな雰囲気にしたい!こんな料理を出したい!そこまでは皆さん色々と考えますが、失敗するお店でよくあるのは、「ターゲット」がはっきりしていないという事。ここがしっかりしていないと、たくさんあるお店の中からあなたのお店を選んでもらうことは難しいでしょう。

 

立地が重要だって言うけど…? ―飲食店の立地―

業態や客層によって「合う立地」「合わない立地」というものがあります。ファミリーを相手にするのか、サラリーマンを相手にするのか?当然、客層となるお客様がその地域にいなければ商売は成り立ちません。あなたのお店に来て欲しいお客様はその地域にたくさんいますか?

また立地によっては駐車場の有るなしが業績に大きく影響します。テーブル数の2~2.5倍の車が入るのが目安です。

 

店舗は一から造った方がいい?それとも居抜きがいい? ―新築・スケルトン・居抜き―

店舗を構えるには3つの方法があります。
  • 建物を一から造る(新築)
  • まっさらな物件に造り込んでいく(スケルトン)
  • 前に営業していた状態からスタート(居抜き)
新築>スケルトン>居抜き の順に初期費用がかかります。

初期費用がかかる…ということはその分リスクも高い…ということです。
そのかわり新築やスケルトンでは、思い通りのイメージのお店をつくることができます。

居抜きでは初期費用が抑えられる半面、店内の雰囲気はある程度妥協する必要があるかもしれません。
普通は厨房機器を2~3買い足すことが多いのですが、前店の業態が同じであればほとんど買い足さなくていい場合も。注意したいのは、機器がぱっと見てきれいでも、どんな状態かは使ってみないと分からない…ということ。「全部問題なく使えたらラッキー!」くらいの気持ちでいたほうが良いかもしれません。年式を確認することをお勧めします。

居抜きの注意点
  • レイアウト変更が難しい
  • 前店が同じ業態ならいいが、違う業態だと面倒
  • 前店のイメージが残る
それでも初期費用が安く済む!(リスクが少ない)というのは大きな魅力ですね!居抜きの場合、最低限として、看板だけ変えれば営業可能ですが、前店のイメージが残る…という場合、壁紙を変えたり、床材や家具を変えたりするという方法もあります。

 

店舗の工事はどこに頼む?

雰囲気をどこまでこだわるか?によって設計事務所に頼むか、内装店舗屋に頼むか、工務店に頼むか、はたまた看板だけ替えるか(居抜き)ということになります。このくらいなら設計事務所に頼まなくても、工務店で十分できますよ!先日もそんな事がありました。

豆知識
消防対策:ガスコンロのフードのサイズ、コンロ周辺の防火など
保健所対策:手洗い専用シンク・厨房とフロアの仕切り・厨房内に扉つき収納・2槽シンク・温湿度計 などの設置

 

 ○日にオープンしたい!いつまでに何をすればいいの? ―飲食店開業スケジュール―

なるべく早くオープンしたい!工事中や打ち合わせ中も家賃がかかることを考えれば当然ですが、日数に余裕がないと思わぬトラブルが発生します。ある程度スケジュールに余裕をもつことをお勧めします。オープン日から逆算していつ頃どんな打ち合わせを始めなくてはならないか…簡単にまとめました。

飲食店開業スケジュール
※あくまで目安です。最短のスケジュールではありません。急ぎの場合はご相談ください。出来る限りの対応をいたします。

 

厨房はどこに頼む?

今は業務用冷蔵庫もネットで売っている時代です。一方メーカーによっては直接販売している場合もあり、また私たちキッチンシティーのような厨房屋でも販売しています。どこに頼むのが賢い選択でしょうか?以下にメリットとデメリットをまとめました。

厨房比較表
 

食器・調理道具は?

最近では100円ショップで食器や調理道具まで売っていますね。ホームセンターでも調理道具などこんなものまで…というものが売っていたりします。

まず調理道具。家庭で使うのとは比べ物にならないくらい長時間使います。ほんのちょっとの使い勝手の悪さ、ちょっと(かどうか分かりませんが)使えなくなるのが早い…そのちょっとは年間でどのくらいの時間になりますか?そのちょっとのストレスはあなたをどれほどイライラさせるでしょうか?プロの道具にはプロなりのものがあると思いますがいかがでしょうか?

そして食器。100円ショップやホームセンターはあなたのお店に来るお客様も行くところ。「この食器、○○で見たものと同じだね…」そうお客様に思われる可能性は0ではありません。食器もあなたのお店の価値のひとつ。お店の「ブランド」ということを考えたら業務用のお店で食器を揃えることをお勧めします。

理想の食器屋の条件は?
  • 実物が見られる(ショールーム・サンプル)
  • 種類が多い(一般の人は見たことが無い・他のお店とかぶらない)
  • 取り扱い食器について耐久性がある
  • 数年後に同じものを頼んでも商品がある
  • 希望の数量をとれる
  • 価格が安い
  • 納期が早い
  • アドバイスをしてくれるスタッフがいる
  • カタログ販売やネット販売をしている
 

お問い合わせはこちら TEL 058-240-1050 電話受付 平日 9:00~17:30

お手伝いしたお店のOPEN情報はこちら スタッフ紹介はこちら スタッフブログ
TKGのカタログはこちら

 

カタログからのご注文はこちら

 

キッチンシティーのネット通販はこちら

飲食店に必要な全てがそろう
キッチンシティー

キッチンシティーカワサキ社屋外観

株式会社 キッチンシティーカワサキ

〒500-8231
岐阜県岐阜市前一色西町13-37

TEL:058-240-1050
FAX:058-240-1052

【営業時間】
9:00~18:00(平日)
9:00~17:00(土曜)
日曜・祝日・第5土曜日はお休みを頂いております。

【全国対応】
岐阜・愛知・三重・長野・滋賀・福井・富山・京都・奈良・静岡・山梨・新潟・埼玉・栃木・群馬・東京・神奈川・千葉・茨城・北海道・青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島・石川・和歌山・大阪・兵庫・岡山・鳥取・島根・広島・山口・香川・徳島・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・大分・宮崎・熊本・鹿児島・沖縄

  • メールでお問い合わせはこちら
Copyright © 株式会社 キッチンシティーカワサキ All Rights Reserved.